アウディあるある「ウォーターポンプから水漏れ」が発生!!オールアルミ製の対策品を紹介

アウディA4(B8)ではあるあるなのですが、ウォーターポンプの水漏れがやっぱり発生しました。

今日は、ウォーターポンプの水漏れについて紹介します。

>>【トラブル発生】ドアハンドルのタッチセンサーが効かなくなったので交換してみた

目次

クーラントの警告灯が点灯!

ある日、クーラントの警告灯が点灯!

ボンネットを開けてみると、クーラント溶液が1/3しか入っていませんでした。

そこで、クーラント溶液を追加して近所のコンビニに出かけたのですが、ほんの数分で半分に減っていました。

これは、おかしい。

再度、クーラント溶液を追加してフルにした1時間後、フロントタイヤの横から流れ出ているのを発見。

疑いは確信に変わりました。

原因はアウディではあるあるのウォーターポンプ?

色々を調べてみると、どうやらウォーターポンプが原因らしい。

修理工場へ持って行くと、やはりウォーターポンプの水漏れが原因だと判明しました。

純正で付いているウォーターポンプは接合部分がプラスチックで出来ているため、エンジンルーム内の熱や経年劣化による水漏れが発生するそうです。

オールアルミ製のウォーターポンプの対策品を購入し、交換してもらうとピタリと止まりました。

その対策品はこちらになります。耐久性も良いのでオススメです。

最後に

ウォーターポンプの水漏れは仕方がないですね。

アウディーユーザーは避けては通れない問題のようです。

水漏れを発見したら、まずはウォーターポンプの故障を疑っていいかもしれません。

目次
閉じる